値段が格安なだけじゃない、品質が高い。これが大事です。

牡蠣サプリメントを通販で。

 

格安なのに品質もいいものをお探しですか?

 

牡蠣サプリ,通販,安い,格安

 

男のサプリといえば、その代表の一つと言えるのが牡蠣サプリ。

 

新鮮な牡蠣を夕食に食べた時なんてやっぱり全然違いますし。

 

なんでかといえば、含まれる亜鉛なんですよね。

 

牡蠣は亜鉛を最も豊富に含む食べ物なんだとか。

 

亜鉛は精子を作ったり、毛髪の促進にも関わる栄養素であったり、大人の男性には無視できない栄養素です。

 

妊活されているご主人、頭髪の薄毛を自覚されている男性には気になるキーワードでしょう。

 

牡蠣サプリ

 

もちろん女性にも牡蠣サプリは人気です。

 

美容や健康に欠かせない栄養素がたっぷりな牡蠣が主原料なわけですし。

 

ですから色んなメーカーで開発されていますし、色んな種類が発売されていますね。

 

でもよし、牡蠣サプリを始めよう!となった時にどの製品にするかということです。

 

これは結構迷いますよね。

 

サプリメントですので品質は大事。

 

高品質で十分な栄養素が含まれているか、そしてその吸収性なども大切なポイントです。

 

あとは重要なのがお値段ですよね。

 

サプリメントは続けていくもの。

 

ランニングコストは大事です。

 

品質、そしてお値段が安いかで決めたいです。

 

格安なだけで探すなら簡単ですしね。

 

コンビニとか近所の薬局、ドラッグストアでもリーズナブルな亜鉛サプリとか売っていますし。

 

 

でも体にいいことを目的に選ぶわけですから、内容が伴っていないと意味がないですよね。

 

今通販でたくさんの方々に支持されている人気商品を取り上げてみますね。

 

 

やっぱりおすすめはこれ!

 

 

 

牡蠣サプリに関する口コミ情報を集めてみたので併せてご紹介しますね。

 

牡蠣

 

亜鉛の吸収率を高めるために一緒にクエン酸、ビタミンCを

亜鉛の摂取のためにできれば生牡蠣を毎日食べたいところですが、現実的ではありません。

 

そこでサプリの登場です。

 

亜鉛の吸収を上げるには、生の場合でもサプリの場合でも、クエン酸とビタミンCを摂りたいですね。

 

例えば、レモンとか最適ですね。両方摂れるので。

 

クエン酸は、要するに酸っぱいものですね。

 

梅干し、お酢、柑橘系。

 

ビタミンCは例えば、ブロッコリ−、サツマイモ、柿など。

 

亜鉛は吸収性が低いのでこの辺りを意識すれば効果的に摂取できますね。

 

 

サプリの値段

サプリのお値段の内訳は大まかに分けると、

 

  • 原材料
  • 宣伝広告費

 

です。

 

大量生産が可能かが大きなポイントになってきます。

 

そして現在量となる亜鉛がどのような工程で抽出され製品化されるかによって必要なコストが変わってきます。

 

自社工場で製造できるメーカーならコストダウンにつなげることができますし、価格に反映できるでしょう。

 

どのような分野の商品にもいえることですが、広告宣伝費は大きいです。

 

テレビや雑誌、新聞広告などメディアで頻繁に目にする商品は多くの広告宣伝費が使われています。

 

つまり高価な値段の商品の品質が必ずしもいいというわけではないということ。

 

逆に、宣伝品を極力かけないでその分原材料にかけたり、価格帯を安価に設定している商品の方が消費者想いということが言えるでしょうね。

 

 

亜鉛だけでじゃない牡蠣サプリの栄養

亜鉛は必須ミネラルのひとつに数えられています。

 

私たち人間の健康に欠かせない栄養素。

 

ですので不足しないようにサプリメントでの補助も視野に入れながらの健康習慣を意識したいです。

 

亜鉛サプリの原材料の種類は大きく2つに分けられます。

 

天然の食品から抽出されたものと、化学合成された原材料で製品化されたものです。

 

亜鉛は元来吸収率が低い栄養素なのですが、比較的天然の原材料で作られたサプリメントの方が吸収率は高いといわれています。

 

ですが、合成原材料で作られたサプリメントの方がより安価であるというメリットもあります。

 

また、ちなみに牡蠣の栄養素といえば亜鉛ですが、それ以外にもビタミンやミネラル類、アミノ酸、タウリンなどの色んな栄養を豊富に含有する食べ物です。

 

 

過剰摂取について

亜鉛を含む食品、過剰摂取の注意について

 

厚生労働省が定める亜鉛の一日の摂取目安推奨量は成人男性11mg、女性では10mgです。

 

米(精白米)には100g中:0.6mg、
食パンには100g中:0.8mg。

 

亜鉛を豊富に含有する食べ物を多い順にご紹介すると

 

  • 牡蠣
  • タラバガニ
  • 牛肉
  • カシューナッツ
  • 松の実
  • かずのこ
  • ごま
  • 納豆

 

動物性たんぱく質が主成分の牛肉や牡蠣、煮干し。

 

植物性たんぱく質を多く含む、空豆や大豆などの豆類

 

ごま、アーモンドなどの実類。

 

ワカメやヒジキなどの海藻などにも亜鉛は含まれています。

 

サプリメントなどで一度に大量の亜鉛を摂取した場合に、過剰症が起こる場合があるので注意したいです。

 

上限は、成人男女共に一日に30mgとされています。

 

例えば、

 

胃の不快感

 

過剰症では銅の吸収障害による銅欠乏症

 

活性酸素SOD(スーパーオキシドジスムターゼ)活性の低下

 

貧血

 

汎血球(赤血球、白血球、血小板)の減少

 

などを引き起こします。

 

 

亜鉛は吸収率の悪い栄養素

例えば、ドラッグストアで売っているネイチャーメイドサプリメントの亜鉛を毎日一粒飲んだら一粒10mg。

 

結構な量ですよね。

 

食生活にプラスすることで一日分の亜鉛は充分摂取しているのか、過剰摂取なのか。

 

結構気になるところだったりします。

 

亜鉛の一日の上限摂取量は15mg。

 

亜鉛は吸収率の悪いミネラルです。

 

一般的にサプリメントで摂取した場合、吸収率は約30%といわれています。

 

つまり三割程度と考えるべきということです。

 

10mgの亜鉛サプリを摂取した時に実際に体が受け取っている量は3mg。

 

亜鉛の吸収率を高めるクエン酸と一緒に摂取すれば、50%の5mgといわれています。

 

過剰摂取にはまだまだという感じです。

 

 

 

牡蠣サプリはやっぱりおすすめはこれ!